アーユルヴェーダ式夕食の摂り方

上記の3つを余裕をもって行なった後で夕食をとります。
アーユルヴェーダでは、夕食は少量取り、午後8時前に摂るように勧められており、その理由は"消化の火"のアグニが夜になると弱まると考えられるからです。
次の注意事項を意識して夕食を摂るようにしましょう!

  • ヨーグルトや油っこい食事は避け特に避ける

  • 朝食よりも夕食の量を減らす

  • 日本では、家族団欒の時間が夕飯時になることもおおく、食事の量を減らすと寂しく思われる方もいると思います。そんなときは、できるだけ品数を増やして食事をとることが必要です



copyright © 2006 アーユルヴェーダ 簡単インド式エクササイズ All Rights Reseved