調身・調息・調心のヨーガ

入浴でさっぱりとしたところで、心身の調和をヨーガのポーズでとっていきます。

  1. 入浴後、身体をほてりからさます。

  2. 体を伸ばしても何処にも当らない場所を選び、床に仰向けに横になります。

  3. 朝ヨガの順序で呼吸を楽しみながらアーサナ(ポーズ)をおこなう。

  4. 瞑想をおこなう。
    • 正座かあぐらで座り、腰の下部が丸くならないように背骨を空に向かって伸ばします。

    • 目を閉じて、自分に訪れた感情、考え、体の感覚を(重い、軽い、暖かい、寒いなど何でも良い)を観察します。

    • 何が浮かんできても楽観的に、無判断でそれを見つめるだけにします。何かを「正そう」、「直そう」、「こうでなければならなかった」などと考える必要は全くありません。

    • 時間を決めて(アラームなどを掛けておいてもいいでしょう)、終了したら直ぐには立ち上がらず、ゆっくりと目を開けて休みながらゆっくりと横になり立ち上がる。

  5. 朝よりも若干長めの瞑想で一日を振り返る。




copyright © 2006 アーユルヴェーダ 簡単インド式エクササイズ All Rights Reseved