朝の目覚めのヨーガ No.7

朝目覚めのヨーガ-7
  1. 呼吸を吸い込んで、吐きながら脚を空高く突き出す。
  2. 安定するために、手は腰ではなく背中において二の腕をしっかりと床に置く。
  3. 肘は肩幅と同じ程度に開く。肘と肘の距離が肩幅より大幅に大きすぎると安定が生まれないので、要注意。
  4. 焦らず、パニックを起こさずゆったり5呼吸どうぞ。
  5. 鼻から入れた呼吸が肩?胸?腰?足先 吐くときには、逆の経路を通っているように意識する。
    《 脚を上に伸ばしきるのが怖く感じる方へ 》
  1. 両膝を曲げて両膝とくるぶしをつけて脚を一本にまとめ、腹筋を使って体を支えることと肩の延長線上に腰を持ってくることを体に覚えさせます。
  2. 脚を上に伸ばす以外の注意事項は同じです。
  3. 成度を求めるのではなく、呼吸が止まらないところで動ける範囲の位置を目指すと良いと思います。
  4. それでも自信がもてないようなら、このアーサナを抜かして次のポーズに進んで結構です。まずは、気持ちよさを先決にしましょう。


copyright © 2006 アーユルヴェーダ 簡単インド式エクササイズ All Rights Reseved