アーユルヴェーダにおける健康観

アーユルヴェーダにおける健康な状態とは、次の条件をかなえている状態を指します。


  1. ドーシャがバランスしている

  2. 食欲が正常

  3. 排尿や排便が快調

  4. 組織の生成が正常

  5. 自我と五感と魂が至福に満ちている


上記のように、体の健康(①-④)と心ないしは魂の健康(⑤)を併せ持った状態を真に健康と呼ぶのです。これらの健康を目指す為に最も重要となってくるのは"ドーシャをバランスさせる"ということです。ドーシャをバランスし、アーマを溜めないようにするためには、当事者本人がドーシャのバランス状態を目指しアクションを起こす必要があります。
それでは、どのようにドーシャのバランスをとりすでに蓄積してしまったアーマを解消するのでしょうか?
アーユルヴェーダには、ドーシャをバランスさせる"鎮静療法(シャナマ)""浄化療法(ショーダナ)"が用意されています。



copyright © 2006 アーユルヴェーダ 簡単インド式エクササイズ All Rights Reseved