アーユルヴェーダの目的

アーユルヴェーダは、“病気を治すための医学”といった事後治療てきなものではなく、病気を予防し寿命を延ばしていくことにその目的がおかれています。
アーユルヴェーダ医学には、8つの分野があり、医師はヴァイドヤと呼ばれ、栄養学、心理学、薬草学、気候学はもちろん、殆どの人が宝石治療や占星術についても教育を受けています。
アーユルヴェーダ医学では、この8つの分野を一本の幹から伸びている枝としてイメージし、それぞれの存在を有機的に結びつけた“生命の木”としてイメージしているのです。

アーユルヴェーダ医学体系



copyright © 2006 アーユルヴェーダ 簡単インド式エクササイズ All Rights Reseved