未消化物 アーマ

アーマとは、代謝機能の異常によって生成される毒物の総称です。"消化の火"であるアグニの活動に異常が見られるようになると、未消化物であるアーマが発生し、元気の素であるオージャスの生成が抑止されたり、アーマが吸収されることで体内の通路をふさいでしまい蓄積して病気を引き起こします。このアーマの蓄積の増大によって、病気の重度も増していくのです。



copyright © 2006 アーユルヴェーダ 簡単インド式エクササイズ All Rights Reseved