世界的普及

インドの皇帝アショーカ(紀元前272~231年頃)は、アーユルヴェーダの病因を数多く設立し、極東と中東に師弟を派遣しました。このことにより、アーユルヴェーダの哲学はインドから中国、アラビア、ペルシャ、やがてはギリシャまで治療の現場に広まっていきました。このようにして、アーユルヴェーダは伝播していき、西洋医学の発展に大きな影響を及ぼしたギリシャ医学中国医学にまで影響を与えていったのです。



copyright © 2006 アーユルヴェーダ 簡単インド式エクササイズ All Rights Reseved