初期のアーユルヴェーダ

初期のアーユルヴェーダの教えは、定かではありませんがヒンズー教の聖典である「ヴェーダ」に書かれたものとされています。このヴェーダには4巻あり、そのうちの「アタルヴァ・ヴェーダ」にアーユルヴェーダ体系の最も初期の詳細な記述が含まれています。このように、初期のアーユルヴェーダは聖典やさまざまな書物によって広められており、何世紀ものあいだ人々を救う為にその時々に応じて体系を改めながら伝えられていったのです。



copyright © 2006 アーユルヴェーダ 簡単インド式エクササイズ All Rights Reseved