カパ

カパとは、「抱く」あるいは「まとめる」という意味のサンスクリット語で、体力と抵抗力の両方の源であり、生体の構造を司っています。カパは“結合”のエネルギーであり、その主要原理は“水”です。カパを構成する5大元素(エネルギーを構成している要素)は“水と地”で重、冷、遅、油、安定性をもって結合のエネルギーとして体内における同化作用を制御しています。

カパ



copyright © 2006 アーユルヴェーダ 簡単インド式エクササイズ All Rights Reseved