アーユルヴェーダの療法

アーユルヴェーダ医学では、どうして病気になるのか( Why ? )を理解し、不健全な習慣を避けることによって、深刻な病気の予防をすることに重心が置かれています。病気になってしまったとしても、自己治癒能力を高める療法があり、崩れてしまった生命エネルギー間のアンバランスの修復を行います。そして、バランスがとれた後も生命エネルギー間に長期的な安定が確立されるまでを一連の治療と考えるのです。アンバランスな状態により引き起こされる、最も深刻なダメージは毒素と老廃物からなる“アーマ”が蓄積されてしまうことです。アーユルヴェーダでは、この状態を解毒するために“パンチャカルマ”という解毒法が用いられます。



copyright © 2006 アーユルヴェーダ 簡単インド式エクササイズ All Rights Reseved