アーユルヴェーダの歴史

アーユルヴェーダには変化に富んだ歴史があり、多くはインドの神話と絡みあっています。アーユルヴェーダは特定の国や宗教や文明に属すことなく、永遠普遍のもとして考えられています。そのルーツは東洋、特に「チャカラ・サンヒター」にあるとされ、内科医学に関するこの文書は、2000年以上もの昔に体がどのように細胞から成り立っているかを説明し、病の原因となる20種類の微生物を列挙しています。顕微鏡が発明される以前にこのような細胞や微生物に関する見解が述べられた書物があるとは何とも驚きです。それだけこのアーユルヴェーダには、見識の広さと深みがあり、人間の生命と環境との?がりに注目して体系的にまとめた価値ある歴史の遺産であるということがわかります。



copyright © 2006 アーユルヴェーダ 簡単インド式エクササイズ All Rights Reseved